TOP  »
  • Profile
  • Profile
  • Records
  • Soliloquy
  • Links

トピック

  • トピック

ベンチャー教育

 ベンチャーに関するカリキュラムを持つ大学が増えてきた。ベンチャーという言葉は、米国ではあまり使われない。start upという。start upというのは急成長を目指してがむしゃらに取り組むイメージなのであるが、日本と米国では環境が異なるので安易に比較するわけにはいかない。小さい組織が現状のビジネスモデルを維持することを考えれば、それは中小企業のままでベンチャーとはいえない。

ベンチャーとはイノベーションを目指すことである。イノベーションは技術革新という意味ではないことは周知されてきたようである。生活様式を変えることである。


 井深大(いぶか まさる)氏はインベンション(発明)とイノベーション(革新)に関してこのように述べている。「インベンションはエジソンが電灯を考えついたように原理そのものから新しいモノをつくことで、イノベーションはその商品性や製造法にさらに磨きをかけることである。エジソンの時代と違い次から次へと新発明が生まれる時代ではないのでイノベーションが重要である。

 このイノベーションには夢が必要である。学生時代読んだ雑誌無線と実験に腕時計のようなラジオの話があった。これがポケットの中に入る小型ラジオのアイデアに繋がった。実際につくるには多くの難題があったが、この商品は次の成長をもたらした。当時ラジオは家で聞くのが当たり前でそれで十分であった。必要性だけに目を奪われていたらポケットラジオは生まれなかった。」(「有訓無訓」日本経済新聞社より)


 何よりも夢を持って欲しい。


 余談)拙著「ビジネスリーダー」(2008年産業能率大学出版部)で、ビジネスリーダープログラムが必要なのは、自治体であると書かせていただいた。地方創世が期待されている。私は30年以上にわたるコンサルタント経験において、新前川レポートに指摘されて以来との言い換えることができるが、真の内需拡大がされてきたようにはあまり思えない。

 ベンチャーマインドや強烈なビジョンなく、単にお金を出してもらっても、成功するはずがい。

大学におけるビジネスリーダー

国際教養大学が秋田にある。難関と聞く。立命館には、APU(アジア・太平洋)という学部がある。甲南大学にはCUBEという学部がある。

夏は受験のためのオープンキャンパスがあるので、大学の調査を行には絶好の機会でもある。

社会人向けMBAが盛んである。社会に出て再度学ぶということは、経験を検証する上でも良いことだ。人脈形成にも繋がる。
また、MBAというブランドだけで飯は食えないことも確かだ。転職に優位に働くかもしれないが、成果が求められる。実業は他社のケーススタディとは異なる。

就職難が後押しという訳でもないだろうけど、学部の時からビジネスリーダー育成を目的とした大学が多くなってきた。
英語で授業は当たり前、留学経験も当たり前という雰囲気だ。
三井物産では、英語は個人の裁量で学ぶことになっている。つまり、必要なものは自分でやりなさい、ということだ。

英語が共通言語なら、もう一つの言語が必要になってくる。大学教育のカリキュラムは今後も注目していきたい。