TOP  »
  • Profile
  • Profile
  • Records
  • Soliloquy
  • Links

書籍一覧

no → ja $ MTEntryTitle

この本の意図するところ

 この本は会計を学ぶ学生向けではない。

 一般のビジネスマンの中には、会計や財務は苦手だ、という方も多い。一方で会計や財務は、グローバルで通用するビジネスの共通言語である。
 常に思うのは、会計や財務の本は、法的な背景もあり、しっかりたものでないといけない。逆にそれが一般ビジネスマンにはわかりにくく、面倒である。そもそも用語自体がわかりにくい・・・。
 この本の最初の狙いは、会計や財務が嫌いだ、仕訳から学ばないといけないのか・・・という一般ビジネスマンに向け、かつマネジメントでも役立つような内容は知りたい(構造的に理解したい)、会計や財務に興味を持った、という目的で書いたものだ。
 
 損益計算書は比較的わかりやすいが、貸借対照表はどうもよく理解できないという方が多い。よって、貸借対照表の生い立ちから、ビジネスにとってもっとも重要な見方である、資本コストとハードルレートなどに焦点を当てた。
 専門家の目からみれば、ふざけた本と見えるかもしれないが、会計の専門家では逆に書きにくい内容かもしれない。

 また、この本は戦略、マーケティング、マネジメント全ての要素を交えて書いた。戦略は戦略、マーケティングはマーケティング、会計は会計、組織は組織、マネジメントはマネジメント・・・と大学の科目ではないが、分けて学習しても、実際の経営は全てが繋がっている。だったら繋げてもよい。指標という切り口なら全て繋がると考えた。

 戦略やマーケティングを学習した後で、この本を読むと面白いかもしれない。(読者からその類の意見を多くいただいた)

 この類の本をいつかは書こうと思っていた。昔、総合化学会社から、ブランドランキングについて相談があった。だいたいブランドランキングの上位企業は常連さんだ。しかし、化学系(素材)は意外と少ない。もっとも生活に密着した素材ともいえるのだが、認識されにくいのか、高く評価されていないようだ。カジノ的な発想での将来価値の評価に偏重しすぎているのかもしれない。SRもISO化されたが、バランスをとった視座での企業評価を期待したいという思いがある。