TOP  »
  • Profile
  • Profile
  • Records
  • Soliloquy
  • Links

書籍一覧

no → ja $ MTEntryTitle

この本の背景

 1999年に(社)日本能率協会からの依頼を受けて、ビジネスリーダーの開発を行った。MBAではなく事業家人材を育成するプログラムを構築したい、というものであった。マルチクライアント方式で、1期10社~15社程度、30名前後の定員で、1年間のプログラムとして開始した。

米国と異なり、日本でMBAは、会社の補助で受講し、卒業後は転職するというパターンが多かった。現在でも転職のためのツールになっている傾向はあるが、日本経済を活性化させるのであれば結構なことである。
 
 私は既に日本能率協会グループからの退職が決まっていた。今でも感謝に絶えない。
当時、コンサルタントとして20年の経験があった。幸いにも、偶然ではああるが、様々な業種を担当させていただいた。創業経営者へ付くことも多く、後利を貫く伝統的な経営者にも多かった。元軍人という方もいた。

 結論からいえば、仕事観である。それは今でも変わらない。戦略や理屈だけで組織は動かない、成果も出ない。覚悟である。上手に既存組織を渡り歩くような世渡り術は必要としない。
 
 (社)日本能率協会のビジネスリーダープログラムの1期~6期を担当させていただき、その後退き、独自に展開をしてきた。開発から11年を経過して、執筆したものである。一度、やってきたことを振り返ってみるという意味もあるが、コンサルタントなので、実践してきたことでないとものがいえない。本としては旬は過ぎているのかもしれないが、ビジネスリーダーというニーズは永続する。

 素養にこだわった。天性の資質というものもあるのかもしれないが、私が扱う領域ではないので、師匠の教え、経験、学習、修羅場などから蓄積されたものから、5つの素養を提案させていただいた。それぞれに想い出深き経営者の顔を思い浮かべながら書かせていただいた。
 私が書いたものであるが、素晴らしい先達の教えを要約したにすぎない。

 後半は、ビジネスリーダープログラムについて、10年少しやってきたものを、勝手ではあるが、紹介させていただいた。