TOP  »
  • Profile
  • Profile
  • Records
  • Soliloquy
  • Links

書籍一覧

no → ja $ MTEntryTitle

ナレッジワーカーの生産性~もくじ~

ナレッジワーカーの生産性」~時間生産性マネジメントと知習慣のコツ~
2012年3月30日 産業能率大学出版部

knowledgebook.png
もくじ(抜粋紹介)
1章 ナレッジワーカーが抱える問題
 1 属人的でノンマネジメント 野田さんの事例

2章 ナレッジワーカーの生産性特性
 1 成果の可変 《山田さんの事例》
 2 成果の学習 《吉田さんの事例》
 3 成果の連鎖 《小林さんの事例》
 4 成果の後発 《佐藤さんの事例》
 5 成果の拡散
 6 人間システムとしての生産性

3章 業務区分でみるナレッジワーカーの生産性
 1 戦略的業務の生産性 《太田さんの事例》《齊藤さんの事例》
 2 管理的業務の生産性 《飯田さんの事例》
 3 処理的業務の生産性 《渡辺さんの事例》
 4 組織生産性と個人生産性
 5 OGSMと生産性

4章 時間生産性
 1 投入資源としてのナレッジワーカーの時間量
 2 潜在時間の業務 《ハリソンさんの事例》
 3 不可欠余裕時間 《ナッシュさんの事例》
 ■ 不可欠余裕時間発生対策のポイント
 コラム 品質コストと不可欠余裕時間の違い
 4 決まる時間と決める時間 《エルウッドさんの事例》
 ■ S型業務であるかT型業務であるかは、それぞれの組織で決める
 5 実行度と達成度
 ■ 時間計画に対する嫌悪
 ■ 「計画を立てることは面倒くさい」と考える人へのアドバイス

5章 タイム・キャピタル・マネジメント
 1 記録を取る
 コラム ナレッジワーカーの時間実態
 2 タイム・キャピタル・マネジメントの仕組み
 3 ナレッジワーカー生産性向上の仕組みとしてのTCM 《ヴィックさんの事例》
 4 7つの化
  ①区分化 ②組織化 ③測定化 ④自律化 ⑤強化 ⑥簡素化 ⑦効果化
 5 三位一体のマネジメント
 ■ 3つのイノベーションのステップ
  ①リザルツ・イノベーション ②プロセス・イノベーション ③マインド・イノベーション
 6 手法例
 (1)優先度評価
 (2)ナレッジワーカー要員設定6つのアウトプット
  ①相互評価アプローチ ②ZBB型アプローチ ③質量アプローチ ④人件費型アプローチ ⑤データベース・アプローチ ⑥人材プール戦略アプローチ

6章 知習慣とプロジェクト・マネジメントのコツ
 1 知習慣のコツ 《1から10まで》
 2 プロジェクト・マネジメントのコツ
 3 知を支援する様々な方法